ホームリンクサイトマップ
ゼロから始める節約生活

HOME >> 家計簿をつけてみよう!

家計簿をつけてみよう!

「節約しよう!」と思ったら、まずは家計の見直しです。でも、家計簿を付けては何度も挫折・・・こんな経験はありませんか? そこで、今回は家計簿の付け方についてご紹介いたします!

失敗しないコツ

家計簿をつけるか否かによって、年間貯蓄額に約30万円もの差が出るそうです。でも、家計簿を付けているのに、なかなかお金が貯まらない・・・と感じている方も多いはず。

もしや家計簿をつけていることだけで満足してしまって、その中身をチェックし忘れてはいませんか?

それではいくら家計簿をつけていても節約ができるわけもなく、お金だって貯まりません。そう、家計簿をただ記入し続けるだけでは単なる自己満足に過ぎないのです。では、一体どうすればいいのでしょう?

使途不明金を見つけ出す

まず、家計簿をつける一番の目的は知らないうちに消えていったお金、いわゆる「使途不明金」を発見することです。つい、お金に羽が生えて・・・と言い訳したくなりますが、そんなはずがありません。あなた自身、あるいは家族が何かしらの形でしっかりと使っているのです。

でも、安心してください。どこの家庭も、家計簿をつける前は2〜3万円の使途不明金があります。まずは1ヶ月家計簿をつけてみて、費目ごとに集計してみましょう!

予算を立てる

「こんなに外食していたの?」「携帯電話使いすぎ!」など、家計簿をつけ始めると次から次へと発覚する、無駄遣いの嵐・・・。ここで少し危機感を覚えないと、せっかくの家計簿もただの「記帳」で終わってしまいます。使いすぎと思ったお金、いくら位まで削ることができそうですか?

ここで外食費1万円、通信費1万円と「予算」を立てます。最初は無理せず、今月よりほんの少し減らすくらいでいいでしょう。次に、来月使えるお金の予算を立てます。これは手取りから家賃やローン、保険料など、毎月決まって出ていくお金を引いた分です。

貯金する

お金が余ったら貯金・・・なんて思っていても、お金はそうそう余るものではありません。そこで、先に貯めてしまいましょう。毎月○万円は貯金すると決め、その分はあってないものと考えればいいのです。よく、あるとあるなりに使ってしまうけど、ないとないなりの生活ができる・・・と言います。

貯蓄分は「ないもの」と考え、ある分だけでやりくりできるよう計画を立ててみてください。

自分なりのルールを作ろう!

家計簿に間違いはあっても、正解はありません。家庭によって生活パターンやお金の使い方は異なるので、費目や書き込む項目などにとらわれず、自分なりのルールを作っていきましょう。

家計簿に線を足したり書き込んだり、使いやすいようアレンジすることが成功の秘訣です。そこで、今回はいくつか例をご紹介します。

食費

費目で外せないのが「食費」ですが、細かく分ける方法と大雑把に分ける方法とでは大きく異なります。

 

特徴

分け方

細かい派

食費の中でも「何を」「どこで」「いくらで」買ったかを記入しておけば、この食材はどのお店が最も安く買えるか底値を調べることができます。

さらに底値には色を付けるなど、自分なりのルールを決めていくとわかりやすいですよ!

品名

店名

金額

底値

ネギ

○○スーパー

98円

 

豚コマ肉

○○スーパー

260円

 

納豆

○○スーパー

89円

牛乳

△△商店

145円

食パン

××ストア

98円

大雑把派

スーパーで食材だけでなく、トイレットペーパーや電池などの日用雑貨を買うこともあります。

大きな金額でなければ、それらもまとめてお店ごとに記帳してしまいます。

店名

金額

○○スーパー

447円

△△商店

145円

××ストア

98円

○○費

「これはどこの費目に入れればいいのか」と悩んだ挙句、面倒になって記入しなくなった・・・よくあるパターンです。パソコンの家計簿ソフトなら自動的に仕訳してくれるものもあるのですが、手書きなら自分で考えなければなりません。

そこで、まずは自分なりのルールを作りましょう。

具体的な例をあげると、「お父さんのタバコ」「お父さんの本」「お父さんの釣具」など、支出の対象が誰かハッキリしている場合は「お父さんの小遣い」と一まとめにして月初めに引いておきます。また、電子マネーやクレジットカードでの買い物も「どうすればいいの?」と悩みがちですが、それを使って購入したものは何かと考えればいいのです。

もしジュースやお菓子であれば「食費」、洋服であれば「被服費」として計上し、あとはその分の現金を除けておくだけ。他にも結婚式のご祝儀などは滅多に出ない分、どこに入れていいのやら・・・と迷ってしまいがちですが、これは「特別費」や「交際費」などに計上するといいでしょう。

自分なりに仕訳をアレンジし、ルールが決まるまでは色んな方法を試してみる・・・これこそが家計簿を長続きさせるコツです!

▲ このページの上にもどる

コンテンツメニュー 暮らしの中で節約する 節約の必須アイテム
今日は2017年9月25日
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us