ホームリンクサイトマップ
ゼロから始める節約生活

HOME >> 暮らしの中で節約する >> 通信費

通信費

携帯電話やインターネットなど、家計に占める「通信費」の割合は増すばかり。

そんな通信費の節約方法について見ていきましょう!


固定電話の節約

携帯電話の普及に伴って、固定電話を使う機会はグンと減りました。そこで、まずは固定電話が本当に必要か・・・という点を考えてみましょう。

1人暮らしで、なおかつ携帯電話を持っている人であれば、固定電話がなくてもさほど不便は感じないはずです。

インターネットに必要なのでは?と考えている人も多いかと思いますが、最近は固定電話の加入権がなくてもADSLなどを利用すれば簡単に接続することができます。

ただし、どうしても固定電話が必要な場合はたくさんの割引プランがあるので、まずは比較・検討してみましょう。なお、金券ショップなどでテレフォンカードを安く仕入れ、それで電話料金を支払うと簡単に節約することができます。また、これからの時代はIP電話の利用を考えてみるのも1つの手です。

IP電話ってなに?

「IP電話」とはインターネット回線を利用した電話サービスで、通話料金が全国一律となっているうえ、固定電話に比べて価格も割安です。

また、同一のプロバイダーおよび提携プロバイダー間の通話料が無料になるサービスもあるので、固定電話をよく使う人はもちろんのこと、長距離電話(国際電話など)が多い人にとっても大きなメリットといえます。

携帯電話の節約

今や「生活必需品」となった携帯電話。サービスが多様化し、便利になる一方で、ついつい使いすぎてしまった・・・ということも多いはずです。

そんな不測の事態を防ぐためにも、料金プランはこまめに見直しましょう。その際は自分の使っている携帯会社だけでなく、他の会社のプランも比較・検討してみてください。自分がよく連絡する相手と同じ会社にすると便利なうえ、通信費の節約にもなります。

家族であれば「家族割引サービス」などが適用され、通信費はもちろんのこと、基本使用料までもが割引となるので断然お得ですよ!

主な携帯会社と料金比較

 

パケット低額

パケット低額

ドコモ

「ファミ割MAX50」

「パケ・ホーダイダブル」

「ファミリー割引」の契約者が対象で、なおかつ2年間の継続利用を条件に月額基本料が半額となるサービスです。また、同一の「ファミリー割引」グループに登録された契約回線への通話料が24時間無料となります。

月々980円(税込1,029円)からスタートし、どんなに使っても最大4,200円(税込4,410円)でメールやウェブがし放題となります。

au

「家族割」+「誰でも割」

「ダブル定額ライト」/「ダブル定額」

同一の「家族割」に加入しえいる契約回線同士の通話料が無料になるサービスです。なお、家族割+スマイルハート割引でも同様のサービスが受けられます。

ダブル定額ライトは月々1,000円(税込1,050円)、ダブル定額は月々2,000円(税込2,100円)からスタートし、いずれも最大4,200円(税込4,410円)でメールやウェブがし放題となります。

ソフトバンク

「ホワイト家族24」

「パケットし放題」

家族間でホワイトプラン加入電話同士の場合、相互の通話料が24時間無料となるサービスです。どちらか一方がホワイトプランで、他はホワイトプラン以外の契約プランだった場合でも、ホワイトプランの携帯からは24時間通話料が無料となります。

月々980円(税込1,029円)からスタートし、どんなに使っても最大4,200円(税込4,410円)でメールやウェブがし放題となります。

インターネットの節約

ついついハマってしまう「インターネット」ですが、それなりのコストを要します。特に、たくさん使う人にとっては「電話料金」が気になるところ。そこで、時間を気にせず大いに楽しみたい・・・という人は電話料込みの定額制プランを選びましょう。電話料別払いの定額制にしてしまうと、驚くほど多額な電話代を請求されます。逆に、たまにしか使わない・・・という人は公共施設(図書館など)を利用するといいですよ。

▲ このページの上にもどる

コンテンツメニュー 暮らしの中で節約する 節約の必須アイテム
今日は2017年11月21日
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us