ホームリンクサイトマップ
ゼロから始める節約生活

HOME >> 節約の必須アイテム >> 家庭菜園

家庭菜園

相次ぐ「食の偽装問題」に加え、最近の不況が反映してか、節約のために「家庭菜園」を始める方が増えています。確かに、特売でお買い得品を買ったにしても、タダより安いものはありません。そこで、今回は家庭菜園を活用した節約方法についてご説明いたします。

家庭菜園de節約

家庭菜園には畑やプランターが必要・・・と思っていませんか?ところが、もっと簡単かつ手軽に始められるものがあります。

それは「水栽培」といって、野菜のヘタの部分を1〜3cmほど残し、水を張ったお皿に置くだけという至ってシンプルなものです。

2日に1回くらい水を取り替えるだけで、他のお手入れはほとんど必要ありません。根菜類(にんじんや大根など)をはじめ、水菜や白菜、キャベツなども数日でニョキニョキと新しい葉が生えてきますよ!

今まで捨てていた部分を活用するだけなのでお金がかからない上、植物を育てる楽しさも味わえる・・・まさに一石二鳥の方法です。家庭菜園に興味のある方は、まず水栽培から始めてみてはいかがでしょうか?

大根

ヘタの部分を1cmほど残し、水を張った容器につけておくだけで新しい葉が伸びてきます。お味噌汁はもちろんのこと、炒め物などで「ちょっと青みが欲しい」という時などに便利です。水はこまめに替えて、根元がヌルヌルしてきたら茎を取り除き、キレイに洗ってあげてください。

ニンジン

大根と同様、ヘタの部分を1cmほど残して水につけておくと、新しい葉が伸びてきます。ニンジンの葉は可愛い形をしているので、パセリ感覚でサラダやスープに添えてみてはいかがでしょうか? また、その形から観賞用にしても楽しめるかと思います。

水菜

根元を3cmほど残して水につけておくと、新しい葉が伸びてきます。そのままでもいいですが、1週間〜10日くらいすると根が出てくるので、その時点でプランターに植え替えるとしっかり根付きますよ。なお、ヌルヌルが出やすいので水は少なめにして、こまめに取り替えるようにしてください。

白菜・キャベツ

白菜やキャベツの芯に少し葉を残した状態で取り除き、水を張った容器につけておきます。お味噌汁の具に使ってもいいですし、ちょっとした炒め物に使うのもいいでしょう。なお、白菜やキャベツの芯は丸みを帯びていて、バランスも悪いため、少し深みのある容器の方が育てやすいかと思います。

家庭菜園の目的を忘れずに!

節約のために・・・と始めた家庭菜園も、あまりにこだわりすぎると高くついてしまいます。その目的が「節約」であることを忘れずに、準備段階から安く済ませるよう心がけましょう!

外観にはこだわらない

家庭菜園の目的が「節約」である限り、プランターは外観を考えずに深さのある手ごろな価格のものを用意しましょう。スーパーなどで発泡スチロールの箱をもらってきて、水はけがいいよう底と側面に数ヶ所穴をあけて使うのも安上がりですよ!

土は安売りで買う

土は安売り時期(植え付けの季節など)を狙って、多めに購入しましょう。また、知り合いに農家の人や畑いじりを趣味としている人がいれば、そちらから土を分けていただくのも1つの手です。

100円ショップを活用する

ホームセンターで用途に合わせたものを買うと、かなりのお値段に・・・。そこで、100円ショップで代用できそうなものがあれば、迷わず購入しましょう。支柱やネットなど、必要な道具は100円ショップで十分です。

生活用水を利用する

水道水を使っていたのでは、その費用が気になって仕方ありません。そこで、台所にバケツを置いて食器洗いや料理の際に使った「キレイな水」をためておきましょう。それを水遣りに使うことで、水道代が節約できますよ。

ハーブを育ててみよう!

使いまわしが利く食材(常備野菜など)はムダになることも少ないですが、料理の彩りやちょっとしたスパイスとして使われるハーブ類などはどうでしょう?

買ってはみたものの使い切れず、結局ムダにしてしまった・・・という経験がある人も多いはず。実は、私もその1人です。ケーキの彩りに・・・とミントの葉を購入しても、結局は使い切れずに、いつも捨ててしまいます。でも、ハーブを育てていれば使う分だけ収穫できるので、無駄になることもありません。

ハーブは比較的育てやすいものが多く、料理のスパイスや彩りにも使えて便利です。お手入れも簡単なので、みなさんもこれを機に育ててみませんか?

▲ このページの上にもどる

コンテンツメニュー 暮らしの中で節約する 節約の必須アイテム
今日は2017年5月30日
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us