ホームリンクサイトマップ
ゼロから始める節約生活

HOME >> 一人暮らしの食材の買い方

一人暮らしの食費の節約におすすめの食材選び

一人暮らしの食材

食費の節約は、生活をするうえで欠かすことはできません。特に、大学進学や就職のため、親元を離れて一人暮らしをはじめたばかりの人に中には、うまく節約できずにお困りの方も多いことでしょう。

そこで、今回は食費を節約するための食材の買い方についてみていきましょう。どんな食材をどのように買うと食費が節約できるのか、簡単なポイントを4つをご紹介します。

1.まとめ買いをする

安売りをしている時にまとめ買いしておくことで費用を節約できるほか、まとめて買うことによって買い物に行く回数が減ることから、時間の節約にもつながります。

ただし、まとめ買いで節約するためには、まとめ買いに合った食材選びが大切です。特に、まとめ買いには次のような食品がおすすめです。

  • 冷凍保存がきく肉類
  • 長期保存ができる根菜類や芋類
  • わかめやシイタケなどの乾物
  • うどんやパスタなどの乾燥麺
  • 煮物やスープに使える缶詰
  • 賞味期限が長い調味料
  • チンするだけで食べられる冷凍食品

2.冷凍保存できる食材を買う

安い食材をまとめ買いしても、腐らせてしてしまっては意味がありません。そのため、食材を多めに買う場合は、冷凍保存ができるかどうかも重要なポイントになります。

お肉は小分けにして冷凍しておくと、その都度使う分だけ解凍して料理に使うことができますが、野菜の場合は、そのまま冷凍できるものとそうでないものがあるため、注意しましょう。

ほうれん草や小松菜、ピーマン、しょうが、キノコ類は、適当な大きさに切ってそのまま冷凍保存が可能です。一方、ブロッコリーやいんげん、アスパラガスは下ゆでしておくことで、解凍した時に美味しく食べられます。

3.節約食材を献立に取り入れる

給料日前のお金がない時期やついお金を使いすぎてしまった月などに、お金がかからない上に美味しく食べられる「節約食材」がいくつかあるだけでも、ひもじい思いをせずに乗り切ることができます。

節約食材として活用するめには、「安い」「栄養バランスがいい」「いろいろな食材と合う」という3つの条件を満たしていることが重要です。

代表的な節約食材としては、もやしや納豆、豆腐などがあげられますが、そのほかに、鶏むね肉はもも肉よりも比較的に値段が安いほか、豆苗やおからは安い上に栄養価が高いのでおすすめです。

節約食材については、こちらのサイトで詳しく紹介されています。
節約食材のおすすめ10選!食費を抑えるお得なレシピとは

4.ゆで麺を上手に活用する

カップラーメンのようなインスタント食品は、安くて簡単に食べられるので、節約のためによく食べているという人が多いかもしれませんが、同じ麺類を食べるなら、断然ゆで麺がおすすめです。

ゆで麺は、安いスーパーなら1人分が20円ほどで手に入るので、野菜などの具材や調味料の分を考慮しても、1食あたりわずか50円ほどで食べられます。

さらに、うどんやそば、中華麺、焼きそばなど、バリーエーションが多いので、飽きずに続けられるほか、冷凍保存が効くことから、安い時にまとめ買いしておくことも可能です。

食費の節約は食材選びから

食費を節約するためには、食べたいものを我慢したり、食べる量を減らしたりしがちですが、食材を上手に選んで、買い方を工夫することで、無理せず楽しく節約することができます。

変動費に分類される食費は、生活費の中でもやり繰り次第で大きく変動しやすいのが特徴のため、贅沢しすぎずに堅実な使い方をすることで、確実に結果を出すことが可能になります。

さらに、いろいろな節約術が知りたいという方は、ぜひ、女性向け節約サイト「プアリッチ」をご覧ください。節約以外にも、資産運用や収入アップ術などが詳しく紹介されています。

▲ このページの上にもどる

コンテンツメニュー 暮らしの中で節約する 節約の必須アイテム
今日は2018年5月26日
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us